>>お問い合わせ

高齢化社会シルバー市場'急激な拡大

産業業界は保健福祉業界と共同で避けられない高齢社会を産業で連係して発展させることができる有料老人ホームを中心とした高齢親和産業の振興を推進中だ。また産業業界は高齢産業を次世代食べ物産業で育成するために‘有料老人ホームの高齢親和産業の発展案’を検討しているようだ。

一大産業に分類されるシルバー産業。 この中最も大きい部分を占める健康関連産業はITと直接的な関連がある。在宅・遠隔診断および携帯型多機能健康情報システム,医療機器,室内外移動支援システムなどの需要が爆発すると展望される。 またホームケア,情報通信補助機器など大きく活性化するものと見られる。有料老人ホームなどの高齢親和産業は細分化された中小型市場で多品種少量生産が主流をなすことが特徴だ。 保健・医療・福祉・住居・余暇・機器が融合したワンストップサービスが脚光を浴びる展望だ。市場としてはやはり充分だ。

2007年老人療養保障制度が導入されて65才以上の疾患者7万2000人を対象に療養サービスが支援される。2010年まで14万7000人で支援が拡大する。また2008年からは全国民が年金給与対象に高齢生活と健康に関心がより一層高まることが確実視される。
ベビーブーム世代(53〜65年, 約1000万人)の引退が始まる2010年まで3段階で育成される。 今年から5年間246億円が投入されてインフラ拡充,核心戦略品目技術開発,クラスター構築および産業化支援センター,総合体験サービス事業などを重点的に支援する。高齢親和用品産業化支援センターを構築して来年に実生活と類似の体験館を作る。 マッサージ機,携帯型電子医療機器および高齢親和商品・サービス体験を通じて需要を可視化して高齢者の選好度および情報を調査して新規サービス創出に活用する予定だ。これらが有料老人ホームへもおおいに役立って行く予定。

産業化初期には政府が主導的役割をするということによって不確実性を除去して順次新しい成長動力産業で育てるという計画だ。ここに産業資源部が支援する事業化連係技術開発支援制(R&BDプログラム)を接合する場合高齢親和産業を先導技術産業に導くことができるということが腹案だ。

市場展望は明るい。有料老人ホームをはじめとする高齢親和産業の市場はこれからずっと拡大する有望市場”としながら“現在日本が市場の大部分を掌握しているけれどIT技術で先んじた韓国が注力する場合日本を追い抜く可能性が非常に大きい産業である。高齢化は全世界的な傾向で経済力がある人口だ。 日本とアメリカは各々‘老人福祉ロードマップ’と‘老人福祉法’を制定して高齢親和産業の大きい市場を形成している状態だ。 日本は去る2001年市場規模が39兆円に達したし2025年には155兆円に達すると見通している。 米国やはり高齢親和産業の80%以上を民間企業が主導して巨大な市場を形成している。

注目サイト

結婚祝い プリザーブドフラワー
http://coco-shop.jp/html/bridal.html
トラック リース
http://www.truckland.jp/
GPSレンタルを利用する
http://rental-gps.com/
矯正歯科 上大岡
http://www.sugitakyousei.com/

2016/7/8 更新

Copyright (C) 2008 豊かな老後の生活. All Rights Reserved.